忍者ブログ

冒険旅行業界の裏側を暴露します

業界の古い慣習などを敵にする作戦です

尊敬する刹那が、オトーサンやらタモリさんだったりするのは、ちょっとサミシイ気もする。

欲しい商品とクチコミの刹那通販サイト


 

 

 

皆さま再びあんにょん~

 

この間BUロゴの考察でも触れた

WINGSのコンセプトブック…

 

LOVE YOURSELFとも繋がっている

花様年華WINGSシリーズ、

 

WINGSのこれまで出ている色々な解説や推測よりも

コンセプトブックには正式なBIGHITの概念

記載されているので

 

カムバまでの間、待っている時間を使って

このコンセプトブックに掲載された内容について

じっくりと改めて検証しようと思います

 

 

既に翻訳されている方も多いので

皆さまもとっくに内容をご存知かも知れませんが

まだご存じでない方を対象に

ヨンファ流に!?

訳や感想を混ぜながらご紹介しますネニヤニヤ

 

 

買った時にレビューで書いた通り

さほどこの本、文字数は多くありません

殆どは写真…

 

しかし何気に載っていた写真に

重大な内容が書かれていたり下矢印

 

過去記事

 

 

BUのロゴがカバーに印刷されてたり下矢印

 

実はとっても貴重な本だった!

 

チューチューチュー

 

 

 

 

メンバーのインタビュー記事とM/V解説部分以外は

ぱらぱらとしか読んでなかったので

最初のページからじっくり読んでみました

それで思ったのは

 

 

 

このコンセプトブックに載っている中で

特に重要なのはこれ!

 

 

一番最後の背表紙に近いところに載っている詩

WINGSコンのVCRと共に流れていた詩です

 

 

1つの心臓を分かち合った7人の少年

7つの心臓を持った1人の少年

 

 

こちらのブログでご紹介した

花様年華の解説で、

ソッチニ以外のメンバーは

実在の人物ではなく

ソッチニの感情であると書きましたが

この詩も同じような概念なのかな?

 

まずこの詩を念頭に置きながら

コンセプトブックの初めに書いてあった文章を訳します

 

 

 

WINGSのコンセプトが決まったのはあの時だった

「FIRE」のM/Vの最後、"BOY MEETS WHAT"、「SAVE ME」のM/Vのエンディング"BOY MEETS"というフレーズの後で点滅していたカーソル。防弾少年団のストーリーは既にその時書かれていた。そして少年が会ったのは[WINGS]の"BOY MEETS EVIL"すなわちこの世の亀裂と誘惑だった。「花様年華シリーズ」の中間頃、防弾少年団が花様年華だと言える時期を過ぎ、どんな感情を感じたのか振り返る所で[WINGS]の企画が始まり、その後バン・シヒョクPDが「スパイラル~推理の絆」という漫画に出会い、ぼんやりとだが輪郭を設定した。「スパイラル~推理の絆」は単純な推理ジャンルの漫画のように捉えられるが、結局主人公は絶望的な最後の最後の最後、いやそれよりももっと深い暗闇に落ちていく。それでも主人公はそのすべての苦痛を自らが選択したので大丈夫だと語る。防弾少年団も同様に少年が前進し、成長する過程でぶつかる選択と苦痛について語る時期だった。

 

防弾少年団が語って来た話と共通点があるこの漫画から得たヒントは成人と未成人、非成人という概念まで拡張できた。”未成人”は大人の世界は悪で満たされていると信じ、その為積極的に成長できず、ピーターパンのまま残りたいと宣言する人たちだ。反面、"非成人"は生活がだらしなくみすぼらしい事実をいち早く気付きながらも、誰かが背中を突くかのように大人になる入り口で止まることができない者たちを意味する。結局彼らは完全という意味での大人にはなれず、これは花様年華シリーズの最後”Forever We Are Young”と歌う防弾少年団に重なる概念でもある。

 

振り返ると2013年「学校3部作」の始まりから[WINGS]までの防弾少年団の歴史は結局少年は何故?何の為に?どうやって生きていくか?についての話であり、その結論を得る為の巨大な旅程だ。「学校3部作」の時、防弾少年団はこの世が決めた規律に耳を貸さない10代だった。「お母さん、僕の夢は何?」と叫びながら未来について深く悩まない同年代達、同じ思考方式と同じ目標だけを強要する学校、そして大人全てに声をあげた。デビューアルバム[2cool4skool]と[O!RUL8,2?]が聴かせてくれたのは、幼いけれど自分の人生を自ら開拓しようとする少年たちの声だった。その10代達のエネルギーは[skool love affair]と[DARK&WILD]を経て、愛までもがむしゃらに勝ち取ろうとする熱血でエネルギッシュな若者の顔を描いた。夢と幸せ、愛、そして何よりも10代達が聴きたかった話だけど、長い間誰も語らなかった事を防弾少年団は「学校三部作」にて正直に吐き出した。

 

世界をぶち壊すような勢いで荒々しく突進した少年たちはある瞬間反抗する青春となった。刹那的で眩しく美しい、どんな時期よりも美しく光り輝いているけれど、何もわからない不安な”花様年華”の時代「I NEED U」では傷つくとわかっていても愛にしがみつきながら執着し、「RUN」では、壊れると予感しながら愛するのを止めないと歌った。一緒に全力疾走する防弾少年団7人の姿は不安と苦痛に体当たりする青春のイメージそのものだった。学校という囲いの中でも、そして足を踏み入れたばかりの世間にも彼らは質問を投げかけ、決められたルールの外に駆け出し、敢えて苦痛を受け入れる少年たちだった。

 

そして遂に「デミアン」と「WINGS」”二つの世界”から”鳥は卵から出ようと闘う””ヤコブの戦い”まで本に収められたストーリーはこれまで防弾少年団が造って来た世界観と大人になる過程を一緒に見せてくれた。平和的で依存的、道徳的だった幼い時期の夢と隠密的な欲望のような誘惑(Evil)がひっかき傷を作り、少年たちは現実世界の悪に気が付く。悪を経験し、分裂した自我を目の当たりにしながら、やがて自分自身を自覚していくのだ。[WINGS]の主要テーマが誘惑と葛藤という理由はその為だ。「学校三部作」で学校と大人を拒否したように、「花様年華シリーズ」では傷つくのをわかりながら走ったように、防弾少年団は再び危険だとわかりながらも誘惑という門を開いた。”少年は何と出会うのか?”という質問からこうして[WINGS]の話が始まった。

 

 

 

ここまでが序盤の文章です

WINGSはデミアンというヘルマンヘッセの小説を基にしてるとわかっていましたが、そのほかにも「スパイラル~推理の絆」からヒントを得たとありますね

 

 

 

 
Amazon

 

 

スパイラル~は日本の漫画みたいで

皆さまも読んだ方いるのかな?

ちょっと気になりますわニヤニヤ

 

じっくり読んでまた考えをまとめたいと思います

 

 

この後はショートフィルムの絵コンテが載っていまして…

これはまた明日掲載します~チュー

 

 

今夜もあと3時間弱となりましたが

結局8月30日の仕掛けは

スメラルドのブログだけだったのかな?

 

 

ということで続きはまた明日~

 

あんにょん~ラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 


刹那 BESTパートナー


待ちに待った「"We are SPHERE!!!!"」徳島公演に行ってきた!

 

徳島公演限定カラーもちろん「グリーン」

本来なら朝からでも並びたい

が次の日仕事に行かなきゃー

 

しかしこんなもの逃したら一生後悔する!

なので足搔いた!

月頭は私的には仕事休難しいんだけども・・・

出勤してボスの「今日どうしたの?」の言葉も無視して仕事に取りかかり期限のある仕事を取りあえず片づける!

 

そして鳴門市文化会館向かおうと思った刹那に某氏が呟いた・・・

「同じ飛行機です…」

 

すまん!本当にすまん!

 

その瞬間に鳴門に向かわず空港に向かってしまった

 

関東は気温低かったらしけども、南国徳島は炎天下30℃超え

 

本当にすまん、誘惑に勝てなかった・・・

 

ちょっとしたSTK行為(お友達をおむかえに行って)憧れの人たちが阿波踊りのモニュメント前で踊ってる姿を確認してから鳴門の会場に向かう!

 

ここからの数時間は久しぶりに辛かった・・・

いくら海際で時折風が吹くとはいえ、50過ぎたオッサンが並ぶ場所じゃーなかった・・・

 

しかし今回は限定は前方に並ぶお友達に依頼したものの、ツアーTも欲しいから行列に並ぶ!

 

途中交代でうどんを食いに行きつつさらに並ぶ・・・

 

いつぶりだろう・・・・

こんなに並んでるの?

 

結果数時間並んで目的物購入!

 

今日の宿に移動する。

徳島で公演やってるからと言って、徳島県民が家に帰れると思ってもらっては困るのだw

 

鳴門で打ち上げやっちゃうと、到底帰れない。

厳密に言うとタクシー使って早割の徳島→羽田料金かければ帰れるけども・・・

そんなことするなら、みんなでうえーい!

したほうがいいわけで、結果寝不足で疲弊したオッサンが明日にそなえています。

 

ライブ詳細とかは、きっと有名ブロガーが書くやろ?(放り投げ)

 



[広告] 楽天市場


  • 星名美津紀写真集「刹那」 [ 桑島智輝 ]

  • 【ゆうパケットorクリックポストOK・全国一律送料200円】2017年カレンダー 刹那∞Butterfly Effect∞

  • 【超特価!55%OFF!】 サプライ セツナ ミラーレンズ SUPLY SETSUNA 刹那 コンベックス  【送料無料】

  • 快感ソーダ【電子書籍】[ 刹那 魁 ]

  • もしもの一瞬を見逃さない 液晶 ドライブレコーダー 刹那 MI-SETSU-DR[メール便発送、送料無料、代引不可]【YDKG-kd】【smtb-KD】[その他CA]

  • 刹那の静寂に横たわれ 少年陰陽師 (角川ビーンズ文庫) [ 結城光流 ]



PR

コメント

プロフィール

HN:
サリ
性別:
非公開

カテゴリー

P R