忍者ブログ

冒険旅行業界の裏側を暴露します

業界の古い慣習などを敵にする作戦です

世界一の「刹那」へ

刹那 らいよんチャンネル










†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*

刹那公式LINE



にゃん❤にゃん公式LINE





*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*

 
ID: setsunaikutama

 
ID: Setsunyan224





 

 

 
*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*:;;;:*†*


刹那の通販ランキングは?自分へのご褒美に購入される方も多いようです


 

 

 

 


夕食が終わった後。今夜はどうやら、風向きが変わったようだ。
夕食の料理の後の煙が、今夜はいつまで経っても居間の中に籠っている。

仕方ない、21世紀みたいな換気システムがあるわけじゃない。
ウンスは心の中でそう呟くと座っていた床から立ち上がり、居間と廊下を
隔てている扉を音高く開いた。

その瞬間、庭から入って来た懐かしい香り。
まだ根雪は庭の彼方此方に、真っ白く凍りついたまま残っているのに。

そうだ、この根雪を初めて見た時も驚いたっけ。
今は月明りのせいで青みを帯びた庭の根雪の塊を見ながら、ウンスの白い
頬に思い出し笑いが浮かぶ。

ソウルの雪は、アスファルトの上に降ったそばからぐしゃぐしゃに溶けた。
たとえ積もっても、道路の汚れや排気ガスのせいで白ではなくグレーだった。
足許は悪いし、タクシーは捕まらないし。
初雪を好きな人と一緒に見ると永遠に結ばれる、なんて伝説はあったけど。

そこまで考えて、次にウンスの顔に浮かんだのは思い出し笑いではなく、
本当に明るい、懐かしそうな笑顔。
思い出していた。
どうしてもチェ・ヨンと一緒に歩きたいと、それだけを願ってモンゴル時代を
乗り越えた事。

そうだ、私はこの人と、どうしても一緒に歩きたかった。
一人で殺風景な庵で、夜中眼を閉じる度に。
雪の中を、一人で劉先生の薬房から帰って来る度に。
灯篭を片手に真冬の月明りの帰り道で振り返ると、そこには一人だけの足跡が
点々と小さな窪みになって、雪の上に青白い影を残していた。

ウンスはとても淋しかった。その横にチェ・ヨンの大きな靴跡がない事が。
その横にソンジンの靴跡が並んだ事もあった。それでも駄目だった。
ソンジンは、チェ・ヨンではないから。
たとえどれ程時間が掛かっても、どれ程待っても、並んでいる足跡をもう一度
見たいと思った。だから帰って来た。

いつでもこうして、単純だけれど大切な事を思い出す。
思い出はそれぞれの季節で凝縮されて、ふと風が変わるごと、空気の温度が
変わるごと、心の中に蘇る。

江南にいた頃とは比べ物にならない密度と濃度で、ウンスの中にチェ・ヨンとの
思い出が、まるでアルバムのように蓄積される。
そこに貼られたインデックスはチェ・ヨンの黒い瞳、穏やかな低い声、繋いだ手、
初めて教えた天界語、そんな他愛もない物ばかり。
けれどそうした日の積み重ねが、大切なものを作り上げる事を知っている。
ウンスは肩越しに、居間に座ったまま自分を見つめるチェ・ヨンを見る。




チェ・ヨンは、立ち上がって居間の扉を開けた後、そのまま動かずにじっと
庭を眺めているウンスを見つめていた。

こうして娶り夫婦の誓いを結んだ後にも、その風変わりな処は変わらない。
ただ庭を見つめる様子も、こうして後ろから見る細い背にも、怒りの気配はない。
それならば少しそうさせておこうと、ウンスの背を見たままで眸を細める。

ウンスが扉を開けた刹那、部屋の中に流れ込んだ風を嗅ぐ。
春の香りがすると、チェ・ヨンはふと息を吐く。
季節が変わった。庭の根雪の面を撫でて居間に吹き込む風は冷たくとも、そこに
確かに花の香がする。

こうして季節が変わるたびに思う。ウンスが傍にいる幸運を。
ウンスと出逢う前、季節どころか一日が経つ事すら耐えきれない程長かった。
思い出せば、そんな日々は悪い夢のようだ。

春の花の香を嗅ぐたびに、あの丘の上で思った。
この香が、ウンスの長く紅い髪の香に似ていると。
そうして思い出し、追いかけようとするたびに風向きが変わり、香が変わり、
そしてチェ・ヨンは思い知らされた。
どんな香を嗅いでも、そこにウンスはまだ帰ってきていない事を。
帰ってくればたとえどれ程風向きが変わっても、己が見逃すはずがない事を。

こうして風にのり流れているのは、感じているのは、花の香か。
それともそこに佇むウンスの香か。

判らない、と首を傾げたチェ・ヨンが確かめようと腰を上げる刹那、扉の前の
ウンスが前触れなく振り向いた。




「ねえ、ヨンア」
愉し気に言うウンスの声に、チェ・ヨンは眸で問い掛ける。
「春の匂いがする」

同じ事を考えていたのかと、チェ・ヨンの咽喉が低く鳴る。
「はい」
返すチェ・ヨンの声に頷くと、ウンスは細い指で開けた扉の向こうの庭を指す。
「きっとこれからどんどんあったかくなってくわね」
「はい」
「春かあ。ねえ、ヨンア」
その声、そして自分に向けられるウンスの視線。
何をねだられるのかと、チェ・ヨンは小さく首を傾げる。
「はい」
「これから、一気に花が咲いたり、草が生えたりするわよね?」
「・・・ええ」

ウンス自慢の小さな薬園のような宅の庭。自分に心を砕く余りにあらゆる薬草や
薬木を植えているその庭の景色を、立ち上がり扉越しにチェ・ヨンは見つめる。
庭を眺める度其処に溢れる気持ちが分かる。
己の心の方が痛くなる程に、想われている事が。

だから、とチェ・ヨンは思う。
だからこの方を、生涯懸けて護りたいのだと。

「あのね、何度も言うけど」
小さく、けれど確りとねだるような瞳で見つめるウンスの横に立ち、チェ・ヨンは
庭ではなく、目の前のウンスだけを眸に映す。
「薬草とかは、収穫のタイミングが重要なのよ。若い芽や根っことか、葉とかね?
うわーっと一気に開いたら、ヨンアも収穫、手伝ってくれる?」

そんな事だったかと、チェ・ヨンは低く笑う。
自分の為に育てている薬草や薬木の収穫だ、幾らでも手伝う。
「判りました」
「ほんと?約束よ?」
「ええ」

初めての庭の春草摘だ。
前の春には、この庭は此処まで草木は植わっていなかった。
思い出しながらチェ・ヨンは頷いた。
こうして想いが育ち、溢れて行くのと同じ速さで庭の草花が増えていく。
すぐにこの庭だけでは足りなくなりそうだ。
ウンスの心がこうして草花を増やす事なら、己の心はどう表せるのか。
海か、山か、それとも空か。
それですら狭く低く足りない気がすると、チェ・ヨンが小さく首を振る。

何処かしら不満げなチェ・ヨンの表情に、ウンスは首を傾げる。
「ねえ、ヨンア」
「はい」
「もしかして・・・手伝うの、いや?」
「いえ」
「だって今、何か不満そうな顔してるわ」
「とんでもない」

そう言って目の前のウンスに首を振るチェ・ヨンに安心したように、ウンスの
細い体が傾いた。
腕の中に落ちて来たその体を抱き締めて長い髪に鼻先を埋め、チェ・ヨンは
深く息を吸う。

ああ、やはりだ。先刻感じたのは、風の運んだ数かな花の香。
この方の香とは違う。
この方の香こそが、己の中の永遠の花の香だ。

「花が咲きました」

髪に鼻先を埋めたまま籠る声で呟くチェ・ヨンに、ウンスは不思議そうに庭へと
その瞳を移し
「ヨンア、目がいいのね。どこ?」

不思議そうに月明りを透かし、根雪の中を見渡した。





 






ランキング、参加しています。
皆さまのぽちっとが励みです。ご協力頂けると嬉しいです❤


 

 

 

 



[広告] 楽天市場


  • 刹那 [ 小沢健二 ]

  • 【中古】 刹那 /小沢健二 【中古】afb

  • 快楽絶頂♂イキっぱなし【電子書籍】[ 刹那 魁 ]

  • 獣の奏者(外伝) 刹那 (講談社文庫) [ 上橋菜穂子 ]

  • 快感ソーダ (B’s LOVEY COMICS) [ 刹那魁 ]

  • ケダモノビッチ【電子限定特典つき】【電子書籍】[ 刹那 魁 ]



PR

コメント

プロフィール

HN:
サリ
性別:
非公開

カテゴリー

P R